May 01, 2009

苦しいから人工呼吸して!

世紀の最高傑作「ウェディング・ベルを鳴らせ!」を見た。


監督・脚本:エミール・クストリッツァ
出演:ウロシュ・ミロヴァノヴィッチ/マリヤ・ペトロニイェヴィッチ/アレクサンダル・ベルチェック/ミキ・マノイロヴィッチ/ストリボル・クストリッツア
公式サイト

監督が大大大好きなエミール・クストリッツァ。でも、「黒猫白猫」以降のドタバタコメディではノリが日本人のセンスとピッタリあってるとは言えず、「アンダーグラウンド」で大感動した映画ファンが徐々に離れていってるのを感じる。おれも「ライフ・イズ・ミラクル」の80点なデキに歯がゆい気持ちだった。

が、これは最高だった。ぶったまげた。

はじめの20分くらいは設定説明だからしょうがないとしても、そこからがもう凄い。ノンストップ。たいていはコメディでも、きちんと浮き沈みを作って映画全体を構成していくのに、そんなのお構いなし。たとえばクライマックス前にはいったん主人公に挫折させるとかなんとかして劇場を落ち着かせるもんだけど、そんなことこの映画ではやらない。

どんどん積み重ねていくだけという、ある意味視野の狭い畳みかけマシンガンスタイル。撃って撃って撃ちまくることで、強引に高みに連れてってくれる。それでいて、ほんとにどんどん面白さと気持ちよさが増していくから、これはもう奇跡である。

この奇跡のワケは、絶対ハッピーエンドしか作らないという監督の揺るがない気持ちなのかなと思う。「アンダーグラウンド」で政治的メッセージをこめた映画作りに嫌気がさしたクストリッツァは、「黒猫白猫」以降、とにかく人をハッピーに描いて、見る人をハッピーにすることだけに迷わずに一点集中している。エライ。

もちろん、主人公の2人、ウロシュ・ミロヴァノヴィッチとマリヤ・ペトロニイェヴィッチの超かわいい魅力も忘れてはいけない。そして、監督の息子であるストリボル・クストリッツアが率いるバンド「ザ・ポイズナーズ」の音楽も最高。サントラCD「Promise Me This」はジャケットが花嫁だし、絶対買うっきゃない。

Promise Me This
Promise Me This

というわけで、これは最高の映画。「あのシーンのあのセリフ!」とか「このシーンのあの娘の表情!」とか書きたいことは山ほどあるけど、それをやり出すとキリがないのでやめておく。映画館で見て、楽しんでください。1人で見ても、友達と見ても、デートで見ても、大丈夫。最高の2時間を過ごせます。うひゃひゃ


アンダーグラウンド [DVD]
アンダーグラウンド [DVD]

黒猫白猫 [DVD]
黒猫白猫 [DVD]

ライフ・イズ・ミラクル [DVD]
ライフ・イズ・ミラクル [DVD]


motecinema at 13:09│Comments(4)★★★★★ すごい映画 

この記事へのコメント

1. Posted by さとこ   May 01, 2009 23:48
お〜、見に行かなきゃ!と思いつつまだ行ってません。
もうそろそろ終わっちゃいますよね?
急がなきゃ!!

エミール・クストリッツァと言えば、彼の作品がモチーフになっていると思われるバトゥータの『ジンガロ』を観てきました。
馬でアクロバティックな演出…というのは期待していたほどではなかったけど、クストリッツァ色たっぷりで、『アンダーグラウンド』の曲を演奏する生バンドもあって、クストリッツァ・ワールド全開だったので大満足でした。
なんだか無条件で幸せにしてくれる魔力を持った監督ですよね。
2. Posted by だいおう   May 02, 2009 10:57
ウェディング・ベル。
そうですよね。
クストリッツァは不思議な魔力を持ってる。
きっと戦争やら内戦やらで身近にもいろんな問題を抱えた上でコメディやってるからだと思うんだけど、とにかくこの映画ではその魔力がフルパワーです。
絶対映画館で見てください。
シネマライズは、過去のライズのパンフレット持ってくと2人まで1000円になるキャンペーンやってますよ。
まだ始まったばかりだけど、なんかお客さん少なかったんで、のんびりしてると終わっちゃいそうです。
早く。早く見て〜!

ぎゃー、ジンガロ。
見たいんですよー。
いいなー。いいなー。
なんかもうあれって見た人にしかわからないもんがあるみたいで、想像できないからほんと悔しくて。
次の公演こそは見ようと思います。
いいなー。
3. Posted by さとこ   May 12, 2009 22:10
今日観てきました!
クストリッツァ最高♪
14時の回だったのもあるかもしれませんがやっぱりお客さん少なくてちょっと残念でした。
でもお陰で集中して見られたので良かったですが。

ライズのパンフレットの件、教えてくださりありがとうございます。
気付かず通常料金で入るところでした。
窓口のおにーちゃん、「は?」って感じだったので、あんまり利用する人いないのかも。
4. Posted by だいおう   May 13, 2009 10:25
おおー。見ましたか。
よかったよかった。
やっぱり客少なめですか。全然宣伝してないですからねー。残念。

いやー、それにしてもあの少年、かわいいですよねー。
花嫁の向かいの家の太った婆ちゃんとのやりとりとか、大好きなんですよ。最後はウインクしてたし。
そんでもって花嫁がまあ可愛いのなんのって。トランクで12歳男子とセックスしてんのに1ミクロンも汚れてないって感じで、ありゃあ奇跡ですよ。

ライズのパンフ。
お役に立ててよかった。
ライズって、できた当初は椅子がゆったりしてて超最先端!って思ってたけど、シネコン大流行の今では椅子も小さい部類ですよね。
いろいろ名作見てきたから、なんか寂しい……。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント