April 26, 2009

とったど〜!!!

やむを得ぬ事情があって「GOEMON」を見た。

GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]



これはひどい。クソだ。奇跡の駄作だ。真面目に書くのもバカバカしいほどのダメ映画だ。でもラストシーンがある意味すっげえ笑えるから、ちょっと見て欲しくもある。だって、ゴリが……ゴリが……!

よし。こうなったらもう、褒めていこう。

まず、荒唐無稽なストーリー。信長暗殺が秀吉の仕業というのは、斬新で面白くもある。うん。でも、これだといかんせん話が大きすぎて、シーンはとかく説明に費やされる。おかげで、セリフは全て説明とカッコツケだけで構成されていくことになる。見ろ、天下の名優・奥田瑛二すらVシネ芝居をやらされている。褒め失敗。

そして、時代考証無視の奇抜な美術と衣装。鈴木清順からの影響なのか、「さくらん」もそうだったけど、こういうの流行りかな。まあ、カッコいいということにしておくか。うん。でも、徳川軍の衣装は学芸会だ。スターウォーズの雑魚キャラと似てて、しかも大事なところでゴリが着用。ぜったい笑わそうとしてるだろ。

また褒め失敗。もうダメだ……

CGはゲームみたいで、臨場感なし。実写部分とのズレも、ひどい。CGアクションの最中に江口洋介がちょこちょこ喋るのも、キツい。肝心のアクションも、かっこ悪い。江口洋介、大沢たかお、寺島進の殺陣、忍びだから侍の動きより安定感がなくて決りが悪いってことも確かにあるけど、それにしてもダメすぎる。

まだまだあるよ。ダメなとこ。

重要キャラのはずの子供が、ストーリーの風呂敷を広げすぎて、忘れられてた。ほぼ無関係のまま終わるとか、あり得ない。だったら出すな。つーか、オープニングの満月バックの「よっ!ニッポンイチ!」ってありゃなんだ。あそこで帰りたくなった人がおそらく劇場の9割だろう。そして、チェ・ホンマン。チェ!ホンマン!!!

でもでもでも、やっぱりラストのゴリに尽きる。よゐこ濱口バンザイ!


GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]
GOEMON

鈴木清順監督自選DVD-BOX 壱 <日活から大目玉をくらった作品>
鈴木清順監督自選DVD-BOX 壱「日活から大目玉をくらった作品」

さくらん 特別版 [DVD]
さくらん


motecinema at 00:07│Comments(0)★ どうしょうもない映画 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント