April 07, 2009

だって触ってみたかったんだもん。

「人のセックスを笑うな」を見た。

人のセックスを笑うな [DVD]
人のセックスを笑うな [DVD]



クソつまらなかった。しんどかったし、苦痛だったし、ムカついた。自主制作映画のようなまったく意味のない自己満足的長回しカットの連続。なんの意味もないセリフとシーンの勝手三昧な積み重ね。ほんっと、ひどい。

訴えるものも伝えるものもないし、いやそれはなくてもいいんだけど、ないならないなりにせめてこの映画で客をどんな気分にさせたいのかというビジョンくらいほしいもんだし、そこに連れてってほしいわけだが、それもない。全然ない。

ただ、自由人イメージのある永作博美と蒼井優にその「自由人ぽさ」を発揮してもらってるだけで、せっかくの彼女らの演技力を無駄にしてて失礼極まりない。しかもそのいかにも自由人ぽいセリフや天然行動は全てありがちで想定内。

作り手は、自由人や天然ちゃんに憧れてる若い女子を馬鹿にしてるのだろうか。映画全部を使って、そういった女子に対するアンチテーゼをやってるのだろうか。と疑いたくなるほど、「こういうことでしょ」な扱いにイライラするばかり。

しまいには、クソ長い映画の終盤に来ていきなりのテロップ攻撃2連発。しかも的を射てない。名作「ヴァイブレータ」のテロップでは「反則だろ!」と思いながらも同時にその効果の高さにヤラレタわけだけど、こっちのはみっともないだけ。

あと、映画のデキが良ければ気にしないでいられたのに……ということが2つ。

1.強烈なタイトルがありながら、それを完全無視するな。

遠回しに言ってるつもりかもしれんが、セックスなんて言葉を使うほど人を描けてないんだから、つーか描く気もさらさらないんだろうから、意味深なタイトルつけんな。ガキの軽い恋愛日常話なんだから「人のキスを笑うな」くらいにしておけ。

2.松山ケンイチのキスは、とても気持ち悪い。

妻夫木聡と同じくらい、松山ケンイチのキスも気持ち悪い。脱げない女優の都合からか、いつまでもネチョネチョとキスだけしてるからかな。ヤクチュウでもない限り、キスだけずっとしてんのおかしいだろ。奥田瑛ニならとっとと胸に下りてる頃だ。



つーか、原作があるらしい(山崎ナオコーラ著)。原作が面白いのに映画がこうなっちゃったのか、やっぱり原作からしてこうなのか、誰か教えて。読むのが怖い。またあの苦痛の時間が来るのが……。

人のセックスを笑うな
人のセックスを笑うな(これは原作の単行本)




あ、そうだ。あがた森魚だけ良かった。あがたさん、大好き。

motecinema at 01:37│Comments(2)★ どうしょうもない映画 

この記事へのコメント

1. Posted by fei   April 08, 2009 16:12
スカポンタンですが、
コメント失礼します。

すっごい笑えました〜!
文章(?)読んで笑ったのは
久しぶりですっ。

観てみようかな。
という気さえ起りました。

2. Posted by だいおう   April 09, 2009 00:02
あ、スカポンタンのfeiさん。
こんばんは。

ありり。
文章笑えました?
日常会話でも何かに怒ったり憤ったりしてると笑われるんですよね。
笑わすつもりないんだけど。
へんだなあ。

時間の無駄だから見ない方がいいけど、でもまあ若い女子なら俺ほどの拒否反応は示さないと思いますよ。
でも見ない方がいいけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント