January 04, 2009

最初に見舞いに来た友人が、本当の友人

リドリー・スコットの「ワールド・オブ・ライズ」を見た。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]




衛星カメラからの作戦指示や、珍しい中東での諜報活動を見ることができるのが非常に面白い。嘘がテーマだとタイトルや宣伝がうるさく言ってるが、まあ要するに駆け引きがメイン。で、その駆け引きはというと、大味だけど、結構楽しめたかな。

ヨルダンのマフィア風な大物に「嘘つくな」と言われたりする、ドキドキの信頼関係を結ぶくだりは定番ながら引き込まれる。嘘ついたらどうなるかわかっていながら嘘をつく、というのがいつものパターンながらもドキドキさせる。

「踊る大捜査線」みたいに(見たことないけど)、事件は安全なアメリカ本土じゃなくて砂漠の国なんだという、現場と指揮官との壁も宣伝で叫ばれてるテーマのひとつだけど、これはあんまり効いてない。予告編を見て想像できる範囲内。

戦争、諜報、中東、レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ……そのあたりに興味があるなら見ても後悔無し、という感じです。やっぱり、戦争と諜報で見せてた映画なのに、突然人生もので終わろうとするラストが腑に落ちないんだよねー。

日記タイトルは、ヨルダンの大物が言うセリフ。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
ワールド・オブ・ライズ


motecinema at 16:07│Comments(2)★★★ まあまあの映画 

この記事へのコメント

1. Posted by さとこ   January 04, 2009 18:10
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

『ワールド・オブ・ライズ』、私も観ました〜。
ちょっと最近レオに飽きてきたんですが(笑)
いや、最初からそんなに好きじゃないんだけど。
内容としては『シリアナ』の方が私は好きでした。
これはこれで面白かったんですけどねー。
『シリアナ』の方がテーマが徹底していたな、と思います。

でもハニ(ヨルダン大物)はかっこ良くて惚れました。
アンディ・ガルシアそっくりで途中から混乱しましたが…。
2. Posted by だいおう   January 05, 2009 14:00
あけましておめでとうございます。

俺も最初からディカプリオには興味がないんだけど、がんばってるから応援したくなってるここ数年、という感じです。

「シリアナ」。
そうなんですか。テーマが徹底。「ワールド・オブ・ライズ」は徹底されてなかったのがマイナスだったので、「シリアナ」に興味津々。さっそく見てみます。

ハニ、かっこよすぎですよね。
あのかっこよさだけで客は彼を信じたような気がする。ラッセル・クロウがハニを信じるなと言っても「ばーか、お前こそ信じねえよ」と思ったもん。

今年もよろしく〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント