September 18, 2008

キル! キル! キル!

「デトロイトメタルシティ」を見た。

デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]




この「デトロイトメタルシティ」通称DMCは、面白いけど何も残らない。そんな映画。いや、そんな映画が駄目とか必要ないとか言うつもりはない。全然ない。けど、物足りない。そしてちょっぴり、イライラした。

松山ケンイチのあの化粧と衣装は、完全なる反則技ながら、遊園地でも原宿でも田舎の農家でも、そのアンバランスが作り手の狙い通りにやっぱり面白い。わかっていながら笑ってしまう。アイデンティティ崩壊ギャグはイマイチだけど、まあ許せる範囲。

で、さんざっぱら笑っておいて、後半は定番の展開。行くべき道を行くんだぜ!的な悟りを開いてデスメタルの道を突き進むわけだが、そのラストが問題だ。非常に問題だ。

デスメタルのボスとの死闘に勝利したエンディングで、吹っ切ったはずの甘い原宿ソングを歌うってのは、そりゃあないぜ。ま、これもギャグにかけてきたこの映画の魂だとなんとか受け入れることは可能だが、その後がまた悪い。やっと原宿ソングを終えて、ついに気持ちよくデスメタルで終わるかと思いきや、またまた下等ローサ(加藤だっけ)が出てきて、アイデンティティ崩壊ギャグでエンド。

これじゃ、完全に消化不良。

この映画の作り手は、完全に観客をバカにしているとしか思えない。

ラストの気持ちよさを待ってるから、途中でしつこいほど語られる「夢を大事に!」といった下らないお説教を我慢して聞いてやってたのに、しまいにはつまらないギャグで終わるとは、どうゆうこと? 最後までギャグで通すんだったら、あんなに夢を!夢を!と言う必要ないじゃん。夢の話なんて、バカらしくて苦痛でしかないんだから。

どうしても最後はアイデンティティ崩壊ギャグでしめなきゃいけないんだったら、それこそエンドロールの後だろう。松山ケンイチの弟役はすごく気に入ったので、エンドロール後にまた見られたのは嬉しかったが、映画全体から見れば必要はない。だから、アイデンティティ崩壊ギャグはここでやるべきだった。エンドロールへは気持ちいいまま行くべきだった。

いや、作り手の考えることはよくわかる。つまり、気持ちいいまま終わっても、観客の予想を超えることはできない。予定調和でしかない。だったら、裏切ってギャグやっちゃえ、ということだ。しかし、これは逃げの発想。気持ちいいまま終わって、かつ観客の予想を超える……ということに挑戦してこそプロフェッショナル。何事においても、逃げてはいけないのだ。


あと、加藤ローサ。

どうでもいいけど、下等ローサってなんでこんなに演技下手で魅力ないのに使われ続けるのかな。よほど事務所のお偉方に気に入られるようなエッチなことを裏でやってんのかな。ほんっと、不思議。ずっとまえのゼクシィのCMは最高にかわいかったけど、あれが下等ローサとは今となっては信じられないし、信じたくない。もう、出てこないでくれ……


デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]
デトロイト・メタル・シティ




まだ見てないけど、あの松江哲明が監督してるから気になるメイキングDVD。

↓↓

デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一
松山ケンイチに密着取材したドキュメントDVDが緊急リリース。過激な撮影現場、次々と起きる事件、恐怖の犬飼ロケ、そして松ケンがインタビューで明かした告白とは‥‥100時間を超える素材から秘密裏に収録された衝撃の映像が遂に公開!!!


motecinema at 10:37│Comments(0)★★★ まあまあの映画 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント