August 03, 2008

ポニョ、そうすけ、すきー

「崖の上のポニョ」を見た。

崖の上のポニョ [DVD]


ポニョはすっげーかわいい。声も、仕草も。くるくる回って、叫んだり、最高。そうすけのうちに来るまでの展開と映像はきもちよくて、特に魚の上をピタピタ走って車と併走するところなんか最高すぎる。今まで、アニメで魚の上に乗って海をゆく主人公の画はよく見たけど、魚の上を走るのは初めて見た。すごい発想だ。

好きか嫌いかで言えば……だいおう、ポニョ、好き!!!

ただ、物語、構成、脚本、ボロボロ。ボロボロすぎる!

宮崎駿はもう物語を作るのが嫌になって放棄したのか、老いぼれて作れなくなったのか、もともと作れないけどその面をサポートしてた人が最近いなくなったのか。なんなんだかわからんけど、とにかく酷い。

赤ん坊のくだりとか全く必要ないし、何が試練なのか何すればゴールかがわからないから盛り上がらないし、そもそも、ただ母に会いに行くだけなのが、いつの間にかソウスケの外野で、大人たちが勝手にそれを「試練だ!」とか言って見てるところが子供の心を無視してるようでムカつきさえする。その上、山口智子に辿り着いてゴール!っていう最後のところでは完全に他人の力を借りてるし、こりゃあ一体全体なんじゃらけ。初めてのおつかいでももうちょっとマシだっ!

だいたい、設定とか人物関係とかもきちんと説明しないまま使うからよくわからん。悪者のはずの所ジョージの立ち位置が途中からアヤフヤになるし、ポニョの母との関係とかわからなすぎるし、どう見ても人面魚のポニョをどいつもこいつも金魚としか言わないのもおかしいし、まあ映画の中ではそういうことなのかと納得してたら、1人だけ人面魚だ!と言っちゃうし。どっちやねん!

ああ、宮崎駿どうしたんだろう。

物語がワクワクしたりドキドキしたりするから引き込まれて見続ける集中力が増すし、伝えたいことも伝わる。それが映画というものなのだ。特に子供相手の映画では絶対に必要なことだ。なのに途中から宮崎駿のオナニーワールド全開で、母は強いとか、母に帰れとか、くだらんお説教ばかり。だからもう醒める醒める。次作があるなら、魔法でも使って面白い脚本にしてくれ。

あと、キャスティングもいい加減にしてくれ。

山口智子はテレビドラマではちょうどよかったけど、しょせんドラマレベルの演技力。映画に全然呼ばれないことからもわかるように、底が浅い。今の女優で言えば、竹内結子のようなもの。終始違和感があり、時には寒い。ハウルのキムタクほどじゃないにせよ、ダメダメ。まあ説教臭いセリフのせいもあるけど。

所ジョージは声が魅力的だけど、役のキャラとセリフに魅力がないからババ引いた感じ。声の魅力が生きてない。かわいそう。長嶋一茂はよかった。ちょい役で棒読みの素人を使うのはもはや宮崎アニメの定番。妙にしっくりきた。配役がうまい。

とにかく、もっと上手な声優さんはいくらでもいる。やい、鈴木敏夫! 一般的に無名の声優でも、宮崎アニメなら客入るから心配すんな! 予算だってスポンサーだってちゃんと集まるから心配すんな! この辺は完全に鈴木敏夫の責任だと思われるが、ほんといい加減にしてほしい。鈴木敏夫はほんとにアニメが好きなのか、何がやりたいのか。ジャニーズ使ったりして映画の規模を大きくして金儲けしたいだけなら、やめちまえ! やめちまえよ、ほんとに!


崖の上のポニョ [DVD]
崖の上のポニョ [DVD]




とはいえ……

崖の上のポニョ

大橋のぞみちゃんが1人で歌った「崖の上のポニョのぞみちゃんデモ)」の他、カラオケなどを収録した1枚(楽譜付き)。最高。

崖の上のポニョ
サウンドトラック


またまた久石譲。まあいっか。


motecinema at 12:30│Comments(6)★★ ダメな映画 

この記事へのコメント

1. Posted by AKi   October 24, 2008 16:53
こんにちはーTB機能なくしちゃったようなのでこちらで。
やっとポニョこちらもUPしました。
赤ん坊のくだりは、死後の世界めぐりの象徴かなと。
無意識のイメージを色々投入しているようで
物語としては投げやり感ありますよね。
ただ2、3歳の子たちが釘付けで見てたようです。
言葉は未発達でも飽きると騒ぐ子たちが黙って見てくれるというのは
宮崎さんにとってかなりの賞賛かと思います。
子供の初めての映画に、というのは成功してるかも?
2. Posted by だいおう   October 26, 2008 12:30
どうもどうも。
そうなの、たまにエロサイトからの絨毯爆撃TBが来るから消しちゃったんです。

で、ぽにょ。
赤ん坊のくだりが死後の世界めぐりの象徴……というのは、よくわかりませんなあ。「地獄の黙示録」の飛行機の影が十字架を表わしているとかいうのと同じで、無理矢理な解釈なんじゃあーりませんか。
あのシーンは、大人が小学生に赤ん坊を見せて「君たちはこうして生まれてきたんだよ、こんなに愛されているんだよ」とかなんとか退屈な説教をしてる状況と同じようにしか見えないんですけど、オレがひねくれすぎ?

しかし、そうか。なるほど。
物語なんか必要のない2,3歳にはちょうどいいんですねえ。
生まれて初めて見る映画、しかも映画館で見る映画、というのには確かにいいのかも。
ちなみに私は「ガンダム供哀・戦士編」でして、ひねくれ者に育つわけですな……
3. Posted by AKi   October 30, 2008 22:25
この世とあの世の境目で
この世に来たばかりの存在に出会う、という意味です。
水に沈んだ=死んだ町ということで。
エピソードとしては無意識に出して、
意識的にはだいおうさんの言うような
説教を加えちゃったような気がしますが
そこまで勘ぐるほどでもないですかね。

宮崎さん、手塚治虫が死んだときに
追悼文で否定的なこと書いて
手塚ファンから総スカン喰ってましたが、
最近影響受けた作家としてさらっと言ってたみたいです。
そして今度は押井さんが…?(ー▽ー)
4. Posted by だいおう   November 01, 2008 13:23
へえ。治虫批判。
手塚治虫は漫画やアニメ業界の現場からは批判されること多いみたいですね。
締め切りやギャラの安さなど、仕事環境の悪い前例を作ったということで。

で、宮崎駿。
まあ影響受けたからって全肯定ってことはないから批判も当然あると思うけど、どんなこと言ってたんですか?
おせーておせーて。

うん、押井守。
我慢できないタチのようですね。
私は押井守の作品は好き嫌い半々ですが、そういう性格は大好きです。
みんなもっと言うべきなんですよ。
5. Posted by AKi   November 02, 2008 01:48
子供の頃絵が似ていると言われて全部燃やした、
ということだけ覚えてますが
それ以外に何言ってたかは忘れました。
まあそれだけで手塚FAN的には嫌な感じーだったんでしょう。
コミックボックスという雑誌の記事で、
その後別の何かの記事上で、手塚FANの人達が
その記事に対して怒っていた、と記憶してます。

最近のは「僕もいろんな人に影響受けていて、
手塚治虫(手塚さんかな?)とかー」だったかな。
うろ覚えなので間違ってたら宮崎さんスミマセン。
6. Posted by だいおう   November 02, 2008 12:14
ふへえ。
似てて燃やした!
燃やしたってすごいっすね。

でもそれ追悼文で書いてるなら真意は批判じゃなくて、それほどの存在だという誉め言葉ですわな。
まあ本文読んでないからわからないけど、手塚治虫ファンの読解力に疑問……。

教えてくれてありがとうでした〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント