January 02, 1970

麻薬・ドラッグ・覚醒剤・コカイン・LSD・マリファナ・幻覚……などの映画いろいろ


麻薬に関する映画は世の中に溢れてますが、その中から特に名作・傑作と言える映画を集めてみました。(ドラッグを薦めてるわけではありません。ダメ、絶対!!!)



ラスベガスをやっつけろ
出演: ジョニー・デップ
監督: テリー・ギリアム
ドラッグ中毒のスポーツ記者と弁護士の珍道中を描いた異色ロードムービー。ドラッグの楽しい面だけを描きまくる大爆笑シネマ。必見!

トレインスポッティング
出演: ユアン・マクレガー, ユエン・ブレムナー, ロバート・カーライル, ケリー・マクドナルド
監督: ダニー・ボイル
仲間たちと怠惰な毎日を過ごすヘロイン中毒のレントンが、売人から仕事を持ちかけられ…。90年代、若者のバイブル的映画。いや、今もなお!

トラフィック [DVD]トラフィック
出演: マイケル・ダグラス,ドン・チードル,ベニチオ・デル・トロ
監督: スティーブン・ソダーバーグ
麻薬の売人、そのボス、その夫の仕事を知らない妻、薬に溺れる女子高生、取り締まり組織の新任ボス、現場の捜査官……と入り乱れる麻薬世界。全編に虚無感漂う。


パルプ・フィクション
出演: ブルース・ウィリス, ジョン・トラボルタ, ユマ・サーマン, ハーベイ・カイテル, ティム・ロス
監督: クエンティン・タランティーノ
コカインのユマ・サーマンとマリファナのジョン・トラボルタ。キマリ方の違いがダンスに出てるのが面白い。

時計じかけのオレンジ
出演: マルコム・マクドウェル, パトリック・マギー
監督: スタンリー・キューブリック
麻薬、暴力、盗み、暴行など、悪の限りを尽くす近未来の不良グループの話。麻薬入りの牛乳が登場。ヤバいね。

トゥルー・ロマンス
出演: クリスチャン・スレイター, パトリシア・アークエット, デニス・ホッパー, バル・キルマー, ゲイリー・オールドマン
監督: トニー・スコット
ある男女が恋に落ち、偶然盗んだの中身がコカイン。映画における、覚醒剤の典型的な使われ方。タランティーノは怒ってるけど、やっぱり面白い。

スカーフェイス
出演: アル・パチーノ, スティーブン・バウアー, ミシェル・ファイファー
監督: ブライアン・デ・パルマ
キューバ移民の青年がコカインの密売によって暗黒街でのし上がり、自滅していくまでを壮絶に描く。アル・パチーノ最高!!!

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
出演: ジェイソン・フレミング, デクスター・フレッチャー, ニック・モーラン
監督: ガイ・リッチー
ロンドンの下町の若者たちが、マフィアの情報を盗み聞きして、マリファナ工場を襲撃。が、マリファナを売ろうとした相手が、マリファナ工場のボスだった! ハイテンポ&コミカルなワクワク映画。

25時
出演: エドワード・ノートン, フィリップ・シーモア・ホフマン, バリー・ペッパー
監督: スパイク・リー
珠玉の名作。刑務所行きを25時間後に控えた麻薬の売人モンティ。服役、逃走、自殺…。恋人、友人、父親との様々な問題に、彼は……!!!

イージー★ライダー
出演: ピーター・フォンダ,デニス・ホッパー
監督: デニス・ホッパー
麻薬を密輸して大金を得たキャプテン・アメリカとビリーは、アメリカンバイクを駆って旅に出る。70年代アメリカンニューシネマの代表作。見てなきゃアホ。

Ray / レイ
出演: ジェイミー・フォックス, ケリー・ワシントン, レジーナ・キング
監督: テイラー・ハックフォード
故・レイ・チャールズの半生を描いた音楽満載の自伝映画。クスリで堕ち、復活した人はたくさんいるけど、やっぱり要チェックです。

シティ・オブ・ゴッド
出演: アレッシャンドロ・ロドリゲス, レオンドロ・フェルミノ・ダ・オラ, セウ・ジョルジ
監督: フェルナンド・メイレレス, カチア・ルンジ
リオのスラム社会を舞台に、暴力と貧困の世界に生きる子どもたちの日常を描いた衝撃作。薬商売は怖ぇよ。
2500円の廉価版は、こちら → シティ・オブ・ゴッド(安い版)

ドラッグストア・カウボーイ
出演: マット・ディロン, ケリー・リンチ, ヘザー・グラハム
監督: ガス・ヴァン・サント
薬局荒らしをして生活する麻薬常用者のボブとその妻や仲間の関係は、ある日の小さなミスがきっかけで亀裂が入る。ヤクチュウの若者は見なきゃ。

裸のランチ
出演: Naked Lunch
監督: デイヴィッド・クローネンバーグ
ウィリアム・バロウズの原作小説を映画化。害虫駆除剤を麻薬として使っていた男・ウィリアムは、ある日、麻薬捜査官に連行、彼はスパイ活動を命令される。意味不明な世界観を楽しむべし。

バロウズの妻
出演: コートニー・ラブ, ノーマン・リーダス, キーファー・サザーランド
監督: ゲイリー・ウォルコフ
伝説のカルト作家、ウィリアム・S・バロウズがその妻を射殺するまでを描く実話サスペンス。麻薬まみれのバロウズを、よーく見るべし。

ケミカル51
出演: サミュエル・L・ジャクソン, ロバート・カーライル, エミリー・モーティマー, ショーン・パートウィー
まず、夢の共演が涎もの。話は、51倍効く!という新しいドラッグを巡っての大騒ぎ。天才薬剤師がドラッグを作っちゃうってのが凄い。

シャブ極道
出演: 役所広司, 早乙女愛, 渡辺正行
監督: 細野辰興
シャブ中で女好きの破天荒なヤクザは、大組織幹部の女を奪い、自分が若頭をつとめる組まで乗っ取ってしまい……。役所広司は、いい人よりも悪い人の方が味が出るのです。








※関連キーワード
覚醒剤、ドラッグ、コカイン、コーク、ヘロイン、アヘン、密売、作り方、販売、中毒、密輸、北朝鮮、プッシャー、マリファナ、LSD、葉っぱ、ジョイント、巻物、煙草、チョコ、ハシシ、チョコレート、合法ドラッグ、脱法ドラッグ、違法、大麻、不法所持、サルビア、紙、ペーパー、ヤクザ、シャブ、売人、路上、樹脂、ケミカル、アシッド、田代まさし、清水健太郎、しみけん、かつしん、勝新太郎、パンツ、麻薬犬、タミフル、異常行動、×、バツ、ばってん、薬物中毒、ヤクチュウ、スプーン、注射器、水パイプ、エキッド、免疫、スピード、睡眠薬、眠剤、マジック・マッシュルーム、幻覚きのこ、毒きのこ、メンヘル、風邪薬、渋谷、イラン人、職務質問、マフィア、エクスタシー、MDMA、バッドトリップ、幻覚、妄想、夢と現実、浮遊感、歯を食いしばる、酸欠、脱水症状、北海道、栽培、ドンギマリ、ガンギマリ、キマリすぎ、気違い、気狂い、狂人、廃人、5メ、アブラー、炙りり、精神安定剤、エス、オーバードーズ、OD、押す人、ガラパイ、ガンコロ、巨泉、クラック、クラッシュ、グラス、氷、ジャンキー、シンセミア、蒸留水、スニる、耐性、玉、チャラス、チャリ、チャリンコ、道具、道産子、トビ、ハイ、ナチュラルスタッフ、ネタ、パーティー、レイブ、レイヴ、クラブ、バッズ、鼻、ボング、ポンプ、メリージェーン、リキッド、リズラ、ローチ、1G、420、セックス、sex、三田佳子の二男、三田佳子の次男、息子、豊田利晃監督、ケタミン、ケタラール、大脳、Kホール、臨死体験、K、粉末、吸う、吸った、症状、原料、逮捕、鼻孔吸入、経口摂取、静脈注射、厚生労働省、麻薬及び向精神薬取締法、乱用、濫用、クラブ、若者、光GENJI、赤坂晃、ジャニーズ事務所、豊島区池袋、関東学院大学、ラグビー部員、下妻物語原作者、大麻取締法違反、所持、罪、嶽本野ばら、トンボ鉛筆、嶽本稔明、高橋祐也、容疑者、逮捕、グラム、中島らも、中島裕之、大麻堂、バッズ、ヴェポライザー、気化器、ボング、水パイプ、医療大麻裁判、津垣博通、青梅のナオキ、塩野直樹、シャブ漬け、マリファナ青春旅行、麻枝光一的日常、岡村靖幸、アイス、愛す、PEACE、ピース、POT、ポット、MICRODOT、マイクロドット、加勢大周、若ノ鵬、露鵬、白露山、冷たいの……


motecinema at 00:00│Comments(12)

この記事へのトラックバック

1. 20万人のフランス人が大麻(マリファナ)を栽培、法の厳しさと実態が乖離  [ 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 ]   October 25, 2007 21:51
<記事要約>  フランス南部トゥーロン市で、閑静な住宅街の一軒家の庭で、大麻(...

この記事へのコメント

1. Posted by さとこ   February 14, 2007 00:29
ほとんど観てます。
全部好きです。
ヤバイ、私ってドラッグに走ってる!?
2. Posted by だいおう   February 14, 2007 13:19
わあ、ヤバいねー。うちに白い粉がたくさん余ってるけど、送ろうかあ?
って、新聞屋がくれる洗剤のことだけど。ほんとに大量に余って困ってんだよねー。みんなはどうしてるんだろうか。
3. Posted by あみ   February 15, 2007 07:57
ドラッグストアーカウボーイ最強
4. Posted by だいおう   February 15, 2007 16:02
>あみさん
そうそう。そんなのもありましたね。
若い頃に見て、心ふわ〜っと揺れました。
さっそくラインナップに加えておきました。ありがとう〜♪
5. Posted by さとこ   February 16, 2007 15:12
私の家では新聞取ってません。
実家では日経なんだけど、日経って更新しても洗剤くれないんですよねー。
あれは不公平だと思う。洗剤欲しー!

しかし、白い粉を鼻からズズーッっていうのが想像できません。
気持ち悪くないのだろうか…。
6. Posted by だいおう   February 20, 2007 14:49
日経は洗剤なしですか。そりゃそうか、勧誘とかもやってないみたいですしね。今度から日経にしようと思ってたんですが、「ストップ!洗剤」という意味でもいいかもしれませんね〜。つーか、朝日や読売がくれる洗剤は安物ばっかりだから女性にはイマイチかもしれませんよー

鼻から白い粉。その数分後からの気持ち良さに比べたら、ズズーッの気持ち悪さなんて、屁のカッパなんでしょう。最近の私は、鼻から花粉汁をズズーッと垂らしてます。さとこさんの健康をお祈りします。ズズー
7. Posted by Posted by エア   March 08, 2007 19:05
アメリカン サイコもドラック&逝っちゃってる系だったと思うのですが、間違っていたらごめんなさい。
8. Posted by だいおう   March 08, 2007 23:02
>エアさん

コメントありがとう。
「アメリカンサイコ」はエリートが殺人鬼になる話だと聞いてましたが、原因がドラッグなんですかー。本当ですかー。
エアさんも記憶が曖昧なようですし、いつか自分で見たらラインナップに加えときまーす。
9. Posted by crystal   July 26, 2007 20:48
俺は10年ほどヤク(主に社部)をやっていたが

まるで現実を無視した
クソ映画ばかりですね。

トレインスポッティングなど
ヘロの恐ろしさや事実を面白可笑しく描いた阿呆映画デスヨマヂデ・・

ま、ロックストックはある意味
斬新で面白かったけど。。

ちなみに俺のお薦めは
トラフィックかな。
10. Posted by だいおう   July 27, 2007 14:18
>crystal

こんにちは。

面白可笑しく描けてるならそれでいいと思いますが、経験者は納得いかないんでしょうね。
できたら貴重な体験をもとに、もっと具体的に麻薬映画のウソとホントを聞かせてもらえたら嬉しいです。

あと、シャブを社部と書くのは、なんかいいですねー。
11. Posted by だいおう   January 17, 2009 13:23
>crystal

もうここ読まないと思うけど、一応。
トラフィック、追加しときましたよ。
デルトロがいい味出し過ぎですよね。
12. Posted by へろいn   January 11, 2012 02:00
アムステルダム・ウェスティッドも面白いよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント