October 31, 2005

大谷直子のおっぱい「肉弾」

肉弾


監督・脚本: 岡本喜八
出演: 寺田農/大谷直子/伊藤雄之助/小沢昭一/田中邦衛/笠智衆/中谷一郎/高橋悦史/頭師佳孝/雷門ケン坊/今福正雄/天本英世/北林谷栄/春川ますみ/菅井きん ナレーション: 仲代達矢

岡本喜八監督の渾身の映画。
特攻隊員が死を直前に許された最後の自由な一日。
そこで彼が出会うのが、大谷直子。

まだ18才の可愛い大谷直子は、ぽっちゃりしてて、妙にリアル。
寺田農と防空壕で……。
俺は、全裸で体育座りのシーンが好き。

肉弾


◆アマゾンレビューより

太平洋戦争で日本の敗北が決定的になっていた昭和20年夏、肉弾特攻のために魚雷をくくりつけた洋上のドラム缶の中で待機し続ける“あいつ”(寺田農)は、内地でのさまざまなことを思い返していた。過酷な軍隊の訓練、親切な古本屋の老夫婦(笠智衆&北林谷栄)、そしてセーラー服の美しい少女うさぎ(大谷直子)のこと……。

日本映画界の名アルチザン岡本喜八監督が、戦中派としての想いをコミカルに切なく描きあげた戦争青春映画の傑作。監督の代弁者でもある主人公のぼやきと嘆きと叫び、これがデビューとなった大谷直子の可憐さ、低予算を逆手にとったユニークなモノクロ映像テクニックの数々、そして佐藤勝のペーソス豊かな主題曲など、劇中に表れるすべての要素が戦争に青春を奪われた者たちのやるせなさを醸し出し、観る者の心に深く染み入ってくる。岡本監督初の自主製作映画でもあり、この後も彼は戦中派世代の想いを吐露し続けていった。



おっぱい映画の索引へ

motecinema at 01:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント