April 04, 2008

性同一性障害の映画「ボーイズ・ドント・クライ」

監督:キンバリー・ピアース
出演: ヒラリー・スワンク, クロエ・セヴィニー, ピーター・サースガード


ボーイズ・ドント・クライ


実話が元になっている性同一性障害の映画。

トランス系映画ではもう、基本中の基本ともいえるテーマで、同性愛や性同一性障害を認めない人・嫌悪する人による言われなき暴力を描いている。

つらい映画である。


<ストーリー>

アメリカ、ネブラスカ州。無邪気な笑顔で女心をくすぐる美少年のブランドンは刑務所帰りの二人の男と知り合い、仲間として受け入れられていく。恋人もでき、万事順調と思った矢先、昔の事件がもとで彼の秘密が暴かれてしまう。本当は「女」であるという事実──。人々の態度は残酷なまでに豹変、そして惨劇は起こった……。



ボーイズ・ドント・クライ



その他の同性愛映画を見る

motecinema at 01:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント