November 01, 2005

栄光への脱出

監督:オットー・プレミンジャー


栄光への脱出

イスラエルの建国をイスラエル側の立場から描いたスペクタクル超大作。
監督は『帰らざる河』などの名匠オットー・プレミンジャー。
主演にポ−ル・ニューマン。
ただ、紛争続きの今となっては、この映画をどう捉えていいやら……。

第2次世界大戦終結まもない1947年。
地中海キプロス島には聖地エルサレムをめざす多くのユダヤ人が、アラブ諸国との摩擦を恐れるイギリスによって拘留されていた。
やがて彼らは、ユダヤ人地下組織リーダーのポール・ニューマンや看護婦エヴァ・マリー・セイントの尽力でエクソダス(脱出)号に乗り込み、ユダヤ人国家建設の希望に燃える……。


パレスチナ問題、まずはこの映画から勉強しよう。


motecinema at 01:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント