November 01, 2005

手錠のままの脱獄

監督:スタンリー・クレイマー


手錠のままの脱獄

豪雨のハイウェイで崖から転落した囚人護送車。
白人(トニー・カーティス)と黒人(シドニー・ポワティエ)の2人が、双方の手首を鎖で繋がれたまま脱走。

脱獄映画というより、人種問題映画。
『夜の大捜査線』でも同じ問題を徹底的にやってるが、そのシドニー・ポワティエがここでも好演。

夜の大捜査線

人種問題抜きにしても、手錠が繋がれたままという設定にグッとくる脱獄ファンも多いだろう。
脱獄っていえば、やっぱり手錠をどうするかっていうのが一大事だからね。


motecinema at 01:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント