October 31, 2005

梶芽衣子のおっぱい「女囚701号 さそり」


女囚701号 さそり

監督: 伊藤俊也
出演: 梶芽衣子/渡辺やよい

タランティーノの『キル・ビル』で流れたのが、この映画の主題歌。
おかげで再び脚光を浴びた女囚さそりシリーズ。
中でもこの1作目が結局1番いいんです。

梶芽衣子が歌う「恨み節」が世界征服。
梶芽衣子のおっぱいぽろりが世界征服。

いやあ、梶芽衣子はほんとに綺麗です。


女囚701号 さそり


◆◆◆

「恨み節」は、梶芽衣子ベスト版『全曲集』でどうぞ。
こちらです。

↓↓↓


全曲集

◆◆◆

あと、この辺の映画とか音楽に興味ある人は、入門にしては強烈すぎるタイトルのこのコンピを聞くべし。
梅宮辰夫の「不良番長」
勝新太郎の「座頭市」
石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」
菅原文太と愛川欽也の「トラック野郎」から一番星ブルース
小林旭の「ギターを持った渡り鳥」
などなど……
もちろん梶芽衣子も入ってるぜ。

さあ、生きたいように生きて死ね!

↓↓↓


生きたいようにいきて死ね 続銀幕ロック




おっぱい映画の索引へ

motecinema at 01:40│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 暴動と書いてアバレ!  [ 横浜西口ポメラニアンズへっぽこスタジアム ]   January 05, 2006 23:57
 SASORI!  さそり!  そういえば貴島サリオってどこいったんだろう?(関連記事見つからなかったんで、誰?って気になった人は勝手にぐぐって下さいませ。    昨日は「女囚さそり〜701〜」関連記事・関連記事と「バリスティック」関連記事を鑑賞ぽめ。  梶芽...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント