April 04, 2008

ゲイの映画「ブエノスアイレス」


ブエノスアイレス

監督:ウォン・カーウァイ
出演:レスリー・チャン, トニー・レオン, チャン・チェン


原題は「happy together」

ゲイが美しいとか、そんなことは言いいたくない。が、やっぱり美しい。撮影のクリストファー・ドイルが最も脂ののってた頃ってのもあるかもしれないが、ウォン・カーウァイ映画で最も繊細で美しい映画になっている。

※「ブエノスアイレス 摂氏零度」はメイキング。


◆アマゾンの解説

アルゼンチン。旅の途中で知り合ったウィン(レスリー・チャン)とファイ(トニー・レオン)。幾度となく喧嘩と別れを繰り返してきたこのゲイ・カップルは、やり直すためにイグアスの滝をめざすが、またもささいなことから喧嘩別れとなる。そしてしばらく後、ブエノスアイレスのタンゴ・バーで働くファイのもとに傷ついたウィンが転がり込んできた…。

それまで香港で活動を続けて来たウォン・カーウァイ監督が、かねがね興味を寄せていたという香港とは地球の裏側にあるブエノスアイレスを舞台に、男たちの愛の痛みを描いていく。名コンビのクリストファー・ドイル撮影監督による手持ちキャメラや素早いカッティングなど、従来のカーウァイ作品ならではのテイストと、別世界で新たな道を模索しようとする創作者のもがきが混在した、不可思議な魅力を持つ作品となっている。カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞。


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度




その他の同性愛映画を見る

motecinema at 15:04│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント