April 04, 2008

性転換の映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル, スティーヴン・トラスク, ミリアム・ショア


手術したのに1兒弔辰舛泙辰拭(……チンコがね。)

怒れ!

歌え!

叫べ!

この際、ゲイとかなんとか関係なく素直に感動する。170キロの真ん中高めのストレート、受けるキャッチャーもヒリヒリする。って感じの映画。


◆アマゾンの解説

東西冷戦時代に性転換手術をして東ドイツからアメリカへとやってきたヘドウィグは、手術のミスで残された股間の「怒りの1インチ」に苦悩し続けながらも、ロックシンガーとして活動を続けていくが…。

あのデヴィッド・ボウイも大ファンだというオフ・ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルの映画化。舞台同様、映画版でも脚本・監督・主演を務めるジョン・キャメロン・ミッチェルの、あらゆる性や思想の別を超越させての魂の叫びが、ストレートに観る者の胸を打つ。

自曲を盗んでスターとなった恋人のコンサート会場付近でライヴを行う、ヘドウィグの怒りと哀しみが入り交じった熱唱に涙してしまう。見かけは派手だが、実はエモーショナルな温かさに満ちあふれた秀作。あの浜崎あゆみも映画を観て号泣したとか。



ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]



ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [サントラCD]



あの浜崎あゆみって言われても……



その他の同性愛映画を見る

motecinema at 14:39│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 海猫堂   January 20, 2006 11:59
5 こんにちは。だいおう様。
私もこの映画大好きです。

宣伝の仕方に問題があって、
キワモノ扱いされてますが、

本当に感動しますよね。
あまりにも良かったので、
三上博史の舞台も見に行きました。
こっちも良かったです。

また再演されると良いのですが...。
2. Posted by だいおう   January 20, 2006 13:22
こんちは。
はい、これはもう、感動しますね。
とても力強い映画ですね。
へえ。
舞台も良かったんですか。
三上博史って嫌いじゃないから、見てみりゃよかった。
再演されたら見ようかな。
それより、とりあえず映画をもう一回見たいなー。
DVD買おうかな〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント