November 01, 2005

脱獄の映画?「ダウン・バイ・ロー」

監督:ジム・ジャームッシュ


ダウン・バイ・ロー

軽妙洒脱でクール、それでいてちゃんと映画してるという不思議な監督で、私は中でもこの『ダウン・バイ・ロー』が一番好きです。脱獄はたしかにするんですが、脱獄映画と呼べるかどうかは微妙です。脱獄映画というキーワードでこのページを読んでる人は気をつけてください。肝心の脱獄がまったくいい加減に描かれてますから。

物語は3人が主人公。『ライフ・イズ・ビューティフル』監督主演のイタリア人ロベルト・ベニーニがメモ帳欠かさずベラベラ喋って、いい味出してます。音楽もやってるジョン・ルーリーがまた、やる気なくていい感じです。娑婆で借りるとりあえずの服がなんか丈が足りなくてかわいいし。そして酔いどれ天使のトム・ウェイツは落ちぶれたラジオDJの役でキュートで渋いという最高の芝居です。

ちなみにタイトルの『ダウン・バイ・ロー』は「一人でやっていける(奴)」というスラングらしい。……見ればわかります。




ダウン・バイ・ロー

ジャームッシュのファンの方は、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』とのセットがお得です。
↓↓↓

ストレンジャー・ザン・パラダイス / ダウン・バイ・ロー : 2 in Pack

motecinema at 01:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内を検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

アマゾンで検索


最近のコメント